スポンサーリンク

おいしいきんかんは、皮のまま、丸ごと食べられる果物です。

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

おいしいきんかんはいかがですか!

おいしいきんかんは、いかがですか!

柑橘の種類は……

温州みかん、オレンジ、グレープフルーツ、

土佐文旦、マーコット、いよかん、

レモン、ゆずなど、

多くの品種が、あります。

そして、柑橘×柑橘の交配で、

新しい柑橘の品種が、誕生しています。

国産柑橘を、

下記の一般的な5つの分類に

分けました。

・みかん類

・きんかん

・雑柑

・ブンタン

・タンゴール

今回は、きんかんについて、

お話していきます。

きんかんは、

果皮が甘く、果肉が酸っぱく、

果皮を食べる果物です。

きんかんって、

あまり馴染みがないけど、

どうやって食べたら、

おいしいの……

いろんな疑問について

果物の仕入れと販売30年の

経験をふまえて

お話していきます。

 

目次

・きんかんとは

・きんかんの特徴

・きんかんの収穫期間

・きんかんの産地

・きんかんの選び方

・きんかんの食べ方

・きんかんの
ヘルシー・パワー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おいしいきんかんは、いかがですか!

・きんかんとは

きんかんは、
柑橘の仲間として、
扱われています。

ところが、
きんかんは
みかん科きんかん属、
柑橘は
みかん科柑橘属です。

分類の違う植物です。

原産国は、
中国長江地方です。

主な品種は
マルミきんかん、
ニンポウきんかんです。

ニンポウきんかんの方が、
全国に広がりました。

珍しいところでは、
俳句の秋の季語に、
なっているそうです。

・きんかんの特徴は、

果皮は、
甘みが強く、
ほろ苦さがあります。

果肉は、酸っぱいので、
主に、皮を食べます。

食用、薬用、鑑賞用として、
多く、利用されています。

・きんかんの収穫時期は、

温室栽培の12月頃から、
ハウス栽培、露地栽培で
3月頃までの期間です。

最盛期は、
1月中旬から、3月上旬です。

スポンサーリンク

・きんかんの産地は、

宮崎県、鹿児島県、熊本県です。
宮崎県で、約70%を占めています。

宮崎県ブランド【たまたま】!
東国原知事の宣伝で、
有名になりました。

【たまたま】の基準は、
宮崎県下の温室栽培で、
開花から結実まで
210日以上を経過。

糖度16度以上、
Lサイズ以上の大きさで、
あること。

2010年に、
【完熟きんかん】の基準が
すべて、【たまたま】になり、
上記の基準が、
穏やかになりました。

そこで、登場したのが、
【たまたまエクセレント】です。

宮崎県下の温室栽培で、
開花から結実まで、
210日以上を経過。

糖度18度以上、
果実の直径が3・3cmで、
あること。

基準が、高くなりました。

【春姫】は
鹿児島県のJA南さつま地区での
ブランドです。

温室栽培、ハウス栽培で、
糖度16度以上という
基準を設けています。

【いりき】は、
鹿児島県薩摩川内市入来町の
ブランドです。

温室栽培で、生成り完熟で、
糖度16度以上という
基準を設けています。

・きんかんの選び方は

赤みのある濃い橙色で、
ツヤ、張りのものを
選びましょう。

粒が、大きく、
へたが、緑色のものを、
選びましょう。

あまり、重みを感じなく、
ヘタが、茶色のものは、
避けましょう。

きんかんの保存方法は

冷蔵庫で保存するときは、
乾燥を防ぐために、
ポリ袋等に、
入れましょう。

きんかんの食べ方は、

生のまま、丸かじりで、
皮ごと、食べます。

果皮と果肉の
甘さとほろ苦さが、
たまりません!

きんかんの甘露煮

きんかんに切れ込みを
入れます。

水で、アク抜きをする。

きんかん、砂糖、酢を入れ、
沸騰させ、中火で、
煮ます。

一度、冷やして、
再度、煮ます。

きんかんの丸い形が、
そのままなのが、
良いですネ。

きんかんのシロップ

きんかんを皮ごと、
縦4等分にきります。

4等分したものを、
半分に切り、
種子を取ります。

きんかんと氷砂糖を
交互に入れます。

密閉した容器のまま、
冷蔵庫で、保管します。

時々、氷砂糖が溶ける様に、
容器を振ります。

約10日間位で、
出来上がりです。

風邪の季節、
きんかんのシロップを、
お湯で、溶かして、
温まっては、
いかがですか。

きんかんのジャム

きんかんを半分に
きります。

半分のものの
種子を取ります。

種子を取ったきんかんに
酢を加え、
ミキサーにかけます。

ザラメを入れ、
とろ火で、煮ます。

煮詰まったら、
出来上がりです。

手作りのジャムは、
いかがですか。

きんかんのハイボール

グラスに
氷をいれます。

きんかんシロップを
適量入れます。

ウイスキーと
炭酸水が
1:3位に、
なるようにします。

自家製の
きんかんのシロップでの
味わいは、
格別なものが、あります。

きんかんの
ヘルシーパワーは、

柑橘の果皮は、
ビタミンCの宝庫です。

果皮のまま、
食べるきんかんは、
ビタミンCの宝庫です。

風邪の予防に、
効果があるといわれる
ビタミンCが、
多く含まれています。

健康維持に役立つ効果が、
あると言われるヘスペリジンが、
多く含まれています。

生活習慣病の予防に、
効果があるといわれる
ビタミンEが、
多く含まれています。

きんかんは、
昔から、咳止めや、
喉の痛み止め等の
薬用として、
用いられました。

きんかんを食べると、

きんかんの粒の小ささと

お子様の可愛らしい小ささが、

ダブって見えます!

なんとなく

夢心地になりませんか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
冬の果物
honobonoをフォローする
~セフティイート~おいしい果物を食する為のコツとポイント!