スポンサーリンク

おいしいトロピカルフルーツで、南国気分を味わいましょう!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

おいしいトロピカルフルーツはいかがですか!

おいしい南国のトロピカルフルーツは、

いかかですか!

トロピカルフルーツは、

果物売り場で、見たことはあるが、

食べたことはない!

・特徴は

・味は

・食べ頃は

・栄養は

トロピカルフルーツの

いろんな疑問に

果物の仕入れと販売30年の

経験をふまえて

お話していきます。

トロピカルフルーツの

ドリアン、パパイヤ

ライチ、ドラゴンフルーツについて、

お話していきます。

 

目次

・ドリアンとは

・パパイヤとは

・ライチとは

・ドラゴンフルーツと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おいしいトロピカルフルーツは、いかがですか!

・ドリアン

ドリアンは【果物の王様】、【悪魔の果物】、
正反対の言い方をされています。

【果物の王様】は、王様が
好んで食べたことから
言われています。

【悪魔の果物】は、ドリアンの
姿形もありますが、
一度食べたら、中毒のように、
とりこになることからきています。

ドリアンは、【durian】と
書きます。

【duri】は、トゲ
【an】は、果物
トゲのある果物という
意味です。

ドリアンは、
東南アジアのマレー半島
特にタイ国で、
多く栽培されています。

ドリアンの木は
高さ20m~30mに
成長します。

ドリアンは熟して
落下してから、収穫します。
かなり、危険な収穫です。

ドリアンは、
その強烈な匂いから
飛行機への持ち込み禁止、
ホテル等への持込み禁止
とされています。

最近では、独特の匂いの
少ない品種改良がされ、
栽培されています。

ドリアンの食べ頃は、
果皮が緑色から茶色になり、
お尻が割れ、
玉ねぎの腐ったような匂いが
漂ってきます。

ドリアンの味は
上品なクリームのような甘さです。
好きになると、
とりこになってしまうそうです。

ドリアンは、
ビタミンA,リン、鉄分等が
多く含まれています。
強精効果があるそうです。

なお、
お酒を飲みながらの
食べるのは、やめたほうが、
良いみたいです。

胃腸内で、異常発酵する
可能があります。

・パパイヤ

日本には
主に、ハワイ、フィリピンから
輸入されます。

パパイヤは、
年間を通して
収穫できます。

青パパイヤと黄パパイヤが
あります。

青パパイヤ、
未熟な青パパイヤは
東南アジアでは
野菜として、
料理されます。

青パパイヤを
おいても、
追熟しません。

料理で、タイのソムタムは
有名ですネ。

黄パパイヤは、
果物として、
生食されます。

パパイヤの選び方は、
果皮にツヤがあり、
重いものが良いです。

果皮が、乾燥したり
シワのあるのは、
ふるいので
避けましょう。

食べ頃は、
全体が黄色になり、
匂いだしたら
OKです。

パパイヤは
縦半分に切り
種を除いて
食べます。

パパイヤは
甘みが強く、
酸味が少なく
なめらかな食感です。

パパイヤには
ビタミンC、葉酸、マグネシウムが
多く含まれています。

風邪予防、美容効果、造血効果が
あると言われています。

スポンサーリンク

・ライチ

ライチは、
世界三大美女のひとり
楊貴妃の大好物で
有名ですネ。

華南から、長安まで
長い距離を馬で、
運ばせた話は、
有名ですネ。

ライチはレイシとも
言われています。

ライチは熱帯亜熱帯で
栽培されています。

熱帯亜熱帯の五大名果の
1つとされています。

日本には、中国、台湾が
主な輸入先です。

国産は、宮崎産、鹿児島県
沖縄県で栽培されています。

旬は、5月頃から7月頃まで、
果物売り場の冷蔵ケースに
現れます。

甘みを抑えたような甘み、
さわやかな酸味が、魅力です。

果肉は、ぷるんとした乳白色で、
ほのかな香りがします。

ライチは、生食、スイーツ、
リキュールとしてカクテルになど
使われます。

ライチは、牛乳と一緒に
ミキサーで、ライチジュースに!
結構、おいしいです。

ライチは、果皮が緑色から
赤茶色になった頃が、
食べ頃です。

果皮が、少し固く、
黒ずみがなく、
果皮のとげが、あるものを
選びましょう。

ライチは、鮮度落ちが
激しいので、
なるべく早く食べましょう。

保存方法は、ポリ袋にいれて、
枝付きは、枝付きのまま、
冷蔵庫で保存します。

ライチは、ビタミンCが、
豊富です。

ビタミンCは、肌を
白くし、老化防止すると
言われています。

美容効果が、
期待できそうです!

ライチは、熱性の果物です。
食べ過ぎると、イライラや
のぼせてしまいます。

1歳未満の子供には、
与えないほうが
良いと言われています。

・ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは
果皮が、龍のウロコのように、
見えるので、
ドラゴンフルーツと
呼ばれています。

サボテンの果実で、
正式名称は、
ピタヤ、ピタハヤと
呼ばれています。

ドラゴンフルーツの種類は

ホワイトドラゴンは
果皮は赤く、
白肉種です。

ドラゴンフルーツの中で、
最も生産量が多いです。

レッドドラゴンは
果肉は赤く、
赤肉腫です。

ゴールデンドラゴンは
果皮は黄色で
白肉種です。

ドラゴンフルーツは
上品な甘みと酸味が
特徴です。

ホワイト、レッド、ゴールデンの
順番に、甘みが強くなります。

ドラゴンフルーツは、
主に、ベトナムから
輸入されます。

輸入のときは、
未熟果での輸入が、
ほとんどです。

ドラゴンフルーツは、
追熟しないので、
味わいが、弱いです。

ドラゴンフルーツの
食べ方は

ドラゴンフルーツを
縦に半分に切ります。
さらに、半分に切ります。

スプーンで食べるか
果皮をとり、食べやすいサイズに
切り、食べます。

ドラゴンフルーツは、
果皮も含む
全てが、食べられます。

スムージーにしたり、
サラダの付け合せに
最適です。

食べる1時間前に、冷蔵庫で、
冷やしましょう。

ドラゴンフルーツは、
ぶどう糖、ポリフェノール、カロチン、
食物繊維が、多く含まれています。

健康食品として、
認められています。

 

食事のひとときに、

お子様と一緒に

トロピカルフルーツを食べながら

南国の気分を

味わってみませんか!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
通年の果物
honobonoをフォローする
~セフティイート~おいしい果物を食する為のコツとポイント!